中古物件と耐用年数

2018.03.28

住まい

法定耐用年数とは?

法定耐用年数とは、建物の耐用年数を構造別に定めたものです。法定耐用年数は税金の計算をする際に使用されます。建物については、経費として減価償却費を計上しますが、その算出の際に法定耐用年数が用いられます。また、不動産の積算評価の計算にも用いられ、これは金融機関が不動産の資産価値を算出する際に使われます。

 

中古物件を買う際の注意点

構造によって耐用年数が異なる耐用年数ですが、中古物件を買うお客様にここでお伝えしたいのが、「耐用年数-築年数」によって金融機関から受けられる融資期間が変わってくるということです。更に、中古物件で注意したいのが諸費用です。中古物件の購入には、媒介(仲介)業者が関わってくるため、手数料が発生し、一般的には物件価格×3%+6万円+消費税。加えて、リフォームを検討している場合は、住宅ローンと一緒に検討しましょう。

 

リフォームに関して

リフォームに利用できるローンは、住宅ローンとリフォームローンの二種類があります。住宅ローンの方が金利は安く、返済期間を長く取れる一方、担保として抵当権の設定が必要など手続きが煩雑となります。それに比べ、リフォームローンは担保不要ではあるものの、返済期間が短く、金利も住宅ローンに比べて高くなります。月々の返済額を抑えたいのであれば、住宅ローンにリフォーム費用を含めて申し込んだほうが良いでしょう。

【意見】

住宅ローンを借りるときに注意すべきことは、どのくらいの期間借りられて、月々いくら返していくのかをしっかり計画することです。中古物件購入後、予想してなかったリフォームが必要になってくると月々の住宅ローン返済に加えてリフォームローンの返済が増えてしまうということにもなりかねません。住宅は人生の中でも大きな買い物になるので、より慎重になって資金計画を立てましょう。

 

新着記事